作業時間

作業時間の設定は在宅ワークの基本

時間を決めて作業をおこなうことは、仕事をするうえでとても重要な事です。

基本的に在宅ワークというのは、自分の空いた時間に仕事ができるわけですが、スケジュール管理がおろそかにしてしまうと、作業が進まない、納期に間に合わないということもあるので、仕事を受け取ったら、まずは納期を確認し、仕事のペース配分を考え、在宅ワークに要する時間を確保する必要があります。

在宅ワークに必要な時間が計算できたら、次に、何時から何時までを在宅ワークの時間に充てるのかを決めていきます。

たとえば、1日に3時間は在宅ワークをしないと納期に間に合わない計算であれば、3時間という時間を一日の中でどう割り当てるかを設定することが重要です。

家族や育児など、自分の置かれた生活環境も頭に入れ、在宅ワークの時間を確保しておかなければいけませ。

時間が確保できなければ納期に間に合わなくなり、徹夜など、悪環境での在宅ワークを強いられることにつながりかねません。

徹夜などにより、仕事のミスが増えてしまう、体調を崩してしまうということもあるでしょう。

体調を崩した結果、仕事のミスが増える、納期に遅れるということは、仕事をいただいているクライアントとの関係も悪くなり、仕事が受注できなくなるかも知れません。

在宅ワークというのは、出来高制の仕事なので、夜中におこなうなどの無理をしてしまいがちですが、仕事の質を落としたり、体調を崩したりしては意味がありません。

ですから、必ず時間を設定して、自分がこなせる範囲で在宅ワークを続けるというが大切です。

無理をすれば在宅ワークを長く続けることは難しいでしょう。

在宅ワークというのは、自分で時間設定ができる仕事なので、そのぶん、効率を考えて作業しなければいけないのです。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給