実際

在宅ワークと実際について

在宅ワークには本当に多くの人が携わっています。

在宅ワークを行っている人の実際の状況を少し紹介したいと思います。

在宅ワークを始めたばかりの人とというのは、データ入力の仕事をしている人が多く、月の報酬は5万円以下の人が多いようです。

育児や家事と両立させ、保育園に入れながら本格的に在宅ワークをしているという人の場合、多い人で7-10万円の報酬を月にもらっているようです。

特にスキルも能力も知識も必要のないデータ入力の仕事が、在宅ワークの割合の中でいちばん多いですし、現状、データ入力の仕事は少しずつ増え続けています。

データ入力の仕事は、育児、家事を両立させる主婦にはとても向いている在宅ワークとも言われています。

データ入力の次に多いの在宅ワークがデザイン関係の仕事、そして翻訳やライター系の仕事、DTPの仕事、プログラミングの仕事という順に在宅ワークをしている人の割合が多いことになっています。

次に在宅ワークの報酬ですが、いちばん多い割合が月に5万円以下、次に7万円以下、そして10万円以下、15万円から20万円という報酬の割合で続いています。

家事と育児と両立させたいと思っている人には、7万円以内くらいがちょうどいい仕事量だと思いますが、本格的に仕事をしている人は10万円以上20万円位稼いでいる人もいます。

在宅ワークはここ数年でとても増えてきた仕事です。

今までの内職仕事とは違いパソコンを使った在宅ワークが注目されはじめ、今は在宅ワークを行っている人が全国に多くいるといわれています。

副業として、サラリーマンも在宅ワークをしている人は多く、女性に限らず男性でも在宅ワークをしている人は多いのです。

在宅ワークはまだまだニーズがあるので、これから始めるなら、在宅ワークをやっていけるかよく検討してみるといいでしょう。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給