確定申告

確定申告と在宅ワーク

在宅ワークで一定以上の収入を得ているのであれば、確定申告が必要になってきます。

中には確定申告をすれば損をしてしまうからと言って、申告を避けている人がいるといわれていますが、これは所得隠しになってしまいます。

確定申告が損になるというのは、おそらく在宅ワークによって得た所得により、夫の税金控除金額が減ったり、税金対象額が高くなるということが挙げられますし、夫の扶養から外れなくてはいけなくなって、国民健康保険も年金も住民税も自分で払わないといけなくなるということが背景にあるのではないでしょうか。

しかし、申告をして損なことばかりが発生するとも限りません。

在宅ワークをやり始めたばかりの人などは、それほど所得がなければお金が戻ることもあります。

きちんと理解して在宅ワークをおこない、確定申告すれば十分活躍できますし、損をすることもないのです。

在宅ワークをしている人の確定申告は、毎年2月から3月に税務署へ行き確定申告を行いますが、よくわからないという人は税務署で聞いてみるといいと思いますし、所得から控除される金額というのもあるので、それらについてもしっかりと聞いておくといいでしょう。

在宅ワークをしている人の確定申告は、青色申告と白色申告に分けられていて、青色申告は高収入の人が節税するのに向いていますが、帳簿などの手間がかかりますし、青色申告をすることを1年前にあらかじめ申請しておかなくてはいけないことも覚えておきましょう。

在宅ワークで確定申告をして、国民保険なども自分で支払わなくてはならないくらいに仕事が軌道に乗るといいですね。

在宅ワークの初心者の間は、夫の扶養家族の範囲内で働くことになると思いますが、軌道に乗ってきたら将来的に扶養から外れるかもしれませんが、それは決して損なことではないのです。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給