トラブル対処方法

在宅ワークとトラブル対処方法

トラブルを望む人などいないと思いますが、残念ながら在宅ワークでもクライアントの間でトラブルが起きることもあるといわれています。

今回はクライアントとの間でトラブルが起きてしまった場合の対処方法について紹介していきます。

まず金銭トラブルが起きた場合、内容証明郵便などで代金の支払いを催促することができますし、その後も支払ってもらえないようであれば、裁判をすることも可能です。

在宅ワークの報酬が30万円以下の場合には、少額訴訟制度と呼ばれる簡単な裁判を起こすという方法が一般的です。

民事訴訟で判決が出たにも関わらずクライアントが報酬を支払わないという場合には、強制執行という形になるのですが、この場合相手に財産があれば有効な手段ですが、財産をもっていなければ報酬をもらうことは不可能でしょう。

在宅ワークでトラブルが起きてしまうと本当に大変で、顔の見えない相手と仕事をしているので本当に厄介なことになります。

このようなトラブルを避けることを考えながら仕事を受けることが一番大切なことです。

在宅ワークは在宅商法など、悪徳業者によるトラブルも相次いでいますが、信頼してきたクライアントが突然報酬を支払わず、姿を消してしまったという話もあるので、契約書は必ず交わし、相手の連絡先や住所は知っておかなくてはいけません。

契約書なども一切なく仕事の発注をしてくるクライアントもありますが、トラブルを避けるためにも、契約書や発注書などはきちんと用意しておく必要があります。

もしも在宅ワークでトラブルにあってしまった場合には、財団法人社会経済生産性本部の社会労働部、在宅ワーカー支援事務局で相談を受け付けていますから、トラブルで悩んでいる人は、相談してみるといいでしょう。

弁護士に頼むという方法もありますが、費用もそれなりにかかるので注意しましょう。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給