向き不向き

在宅ワークでの向き不向きについて

物事には向き不向きがあるように、在宅ワークにも向き不向きがあります。

どんな人が在宅ワークに向いているのでしょう。

まず在宅ワークに向いている人、これは自己管理能力があり、自分が好きな人、細かいところまでマメに動ける人ではないでしょうか。

自己管理能力を判断基準にする理由は、在宅ワークは自宅で一人、仕事をしていくわけですから、自分ですべて管理しないと仕事は進みません。

仕事の受注、作業、納品、報酬をもらう手続きまで、一人ですべて行わなければいけません。

こうしたことからも、在宅ワークをするには自己管理能力が必要になります。

自己管理というのは、時間の管理からプライベートな管理、健康管理、仕事の管理まですべてをいいます。

たとえばテレビを見る、家事に手間が掛かるといった理由で仕事が進まないという人は、自己管理能力がないですね。

テレビは我慢し、家事はさっと済ませ、仕事する時間には仕事をするということを管理していかなくては仕事ははかどりません。

在宅ワークは、自宅で自分の好きな場所で好きな格好をして仕事をすることができるというメリットはありますが、自宅の会社との区別がつけにくくなりますから、自己管理をしっかりとしなければ仕事をやり遂げることが難しいということになるわけです。

自己管理能力というのは、気分転換の方法を分かっている人、自分で働きやすい環境を作れる人、強い意志をもっている人だと思います。

自分を好きになれる人は、クライアントに自分を上手くPRでき、売り込みに好影響を与えるのではないでしょうか。

在宅ワークは、いろいろと動かなくてはいけないことが多いので、細かくマメに動くということはとても大切なことです。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給