休日

在宅ワークでの休日について

在宅ワークをするうえで、休日の取り方は大切です。在宅ワークというのは、納期にさえ間に合えば、自分のペースで仕事ができ、自分の都合で仕事の休みを作ることもできます。

また、納期に間に合わない時には休日がないということにもなります。

在宅ワークを始める際に、休日を取るかどうかを考えなくてもいい人もいれば、家族が休みの日は自分の休日にしようと決めている人もいます。

私も在宅ワークを始めて2年経ちますが、基本的には土日は仕事をしない方向でいますが、納期に間に合わないというときには仕事をしなければいけませんから、土曜日は仕事をしている方が多いですね。

私が月の休日を決める場合、日曜日は基本的に必ず休みにして、あとは子供や自分の用事などでつぶれるという場合も休日にしています。

平日に作業できないという日はめったにないので、昼間だけ休んで、夜に仕事をしたりしてカバーしています。

在宅ワークは休日も自由に取ることができるというメリットがありますが、逆にいえば仕事が入りすぎ、休日返上で作業しなければいけないこともしばしばあります。

在宅ワークの休日の取り方は仕事の量により変わってくるので、なかなか難しいところですが、1週に一回は休日を取るようにしています。

お盆やゴールデンウィーク、お正月といった世間が長期休暇の場合、在宅ワークでは、この時期仕事の調整をするのが難しいと思います。

私はできるだけ家族で過ごしたいので、この時期は完全に休日にします。

しかし、月の仕事量はだいたい決まっているので、普段よりも休みを長くとってしまえば、他の日に仕事を多めにしなければいけないことになります。

在宅ワークをしていると、そのしわ寄せが辛いと思いますが、仕事量を減らせば仕事をまわしてもらえなくなるかもしれないので、断りづらいのが現状ですね。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給