断る

在宅ワークを断った場合について

在宅ワークをするうえで、仕事を断りたいと思った事がある人も入ると思います。

在宅ワークの仕事を断ってしまったら、もう仕事を回してもらないと思っている人もいるでしょう。

確かに仕事を断ってしまえば、そうした不安はよぎりますね。

しかし事情があって仕事が引き受けられないという人もいるのではないでしょうか。

単に仕事量が多いので毎月減らそうと思っているのなら、単純に断ればいいのですが、大型連休、子どもの行事に参加しなければいけない、などの理由で時間が取れないために仕事を断ってしまったら、その仕事が別の人にとられてしまっているということもよくあることです。

そういった面で在宅ワークはかなり厳しい仕事に思えるかもしれませんね。

しかし、ゴールデンウィークも仕事をする、子供の行事に参加せずに在宅ワークを続けるという事に意味があるのでしょうか。

家族のためと、在宅ワークをやっているという人もいるでしょうから、なかなか難しいものがあると思います。

在宅ワークは何を目的にしてやっているのか、それをよく考えてみれば、その仕事は断れるのか、断れないのかがよくわかるような気がします。

在宅ワークの仕事を断ることで収入が減ってしまうこともあるかもしれませんが、これから長い期間、在宅ワークをしていこうと思っているのでしたら、ある程度選びながら受けていくということは必要になると思いますし、仕事は探すことで増やせます。

私にも在宅ワークを断ると仕事が次から来ないという不安はあります。

しかし無理をしてまで仕事を受けて、クライアントに迷惑をかけてはいけないと思っていますから、断る勇気も持ち、最初から何を受けて何を断るのかをはっきりとさせておくことが必要ではないでしょうか。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給