売り込む

在宅ワークで自分を売り込もう

在宅ワークでは自分をいかにクライアントに売り込むかも大事な事です。

在宅ワークでは、仕事を確保するために自分を売り込んでいく必要もあります。

たとえば自分の職務経歴などはクライアントに知ってもらうといいでしょう。

新規で仕事をもらうというのはなかなか難しいことです。

同じクライアントから別の仕事をただ待っているだけの人もいますが、それでは不安ではないでしょうか。

本格的に在宅ワークをやっていこうと思っている人は、まずは自分をアピールできる力を身につける必要があります。

たとえば私の場合であれば、ウェブライターとしてブログ記事やインターネット上に掲載される記事を書いています。

他にもメールマガジンのライターとしての経験もあるので、それらの仕事ができるということを売り込んでいくわけです。

仕事をする際に、同じような業種の会社に直接連絡を入れてメールや電話をかけて、こういった仕事をしていますが、一度会って欲しい、仕事が欲しいいう売り込みが必要です。

私も幾度となく売り込みで仕事をもらった経験があります。

求人情報が出るのをただ待っているような消極的なスタイルでは在宅ワークを長く続けるということはなかなか難しいでしょう。

長く継続して続けていきたいと思っているのであれば、自分から仕事を取るつもりでアクションを起こさなければいけません。

新しいクライアントを探したいと思うときというのは、仕事が手薄になったときだと思いますから、そこで自分を売り込んで在宅ワークを探していくというのが大切なことです。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給