添削

在宅ワークでおこなう添削

添削という言葉を聞いた事があるでしょうか。

添削の仕事というのは通信教育などの添削をするという仕事ですが、添削の仕事を在宅ワークでしているという人も多いのではないでしょうか。

有名な進研ゼミなどでは、十数年前から赤ペン先生と呼ばれる添削指導員がいることでも有名ですし、Z会にも添削システムがあるなど、通信教育で添削指導を行っているところは意外に多いのです。

在宅ワークで添削の仕事をする条件としては、ひとにものを教えるのが好きな人、字が丁寧な人、場合によっては学歴も必要になってくる場合もあります。

添削の仕事はパソコンを使う仕事と使わない仕事があります。

原稿を受け取り、在宅ワークとして添削をして、送り返すというところまでを行うのが一連の流れになっていますが、通信教育のスタイルも最近では変わりつつあり、パソコンを使って添削指導や質問に答えるという仕事も在宅ワークにあります。

電話でのアドバイスや指導、ファックス添削なども並行して行っている会社もありますから在宅ワークの添削といっても一つの作業にとどまりません。

在宅ワークの添削の仕事は副業としてよりも、腰を据え、本業としてやるのがいいかもしれませんね。

私も在宅ワークの添削の仕事をしていたことがありますが、パソコンを使う在宅ワークよりも単価がはるかに安く、割のいい仕事とはいえなかったと思います。

最近の添削の単価はそれぞれ違っていると思いますが、在宅ワークで添削をする場合には割と単価があっているか確かめるのがいいでしょう。

そして、在宅ワークの添削として注意しておきたいのが、在宅ワークのスキルチェックを添削するといって、お金を支払わせて在宅ワークができるかどうか能力をはかるという会社の存在です。

五千円位の試験料を取り、能力添削をするようですが、信頼できるかどうかわかりませんから、そのような在宅ワークの添削試験は受けないことをお勧めします。

Copyright (C) 在宅ワーク All rights reserved.

定期的にエネルギー補給